大人ニキビ 保湿

大人ニキビは保湿が大事!冬の乾燥がお肌の大敵

12月にもなると毎日寒いですよね!
寒いと乾燥で目の周りや口の脇に小皺が出来るし、顔がつっぱる!
そして、お肌を乾燥させたままにしておくと大人にきびが出来るんです!

 

なぜ乾燥してるのに大人にきび?にきびって脂っぽいと出来るんじゃないの?
って思いました?

 

成長ホルモンのバランスが乱れ、皮脂が毛穴につまる事で出来るにきびは若い子の【思春期にきび】。
思春期にきびはおでこやTゾーンなどににきびが出来やすいです。
なぜおでこやTゾーンなのかと言うと顔の中でも皮脂の分泌量が多いのがおでことTゾーンだからです!

 

そして、私達の様な30代の女性が出来る大人にきびの出来やすい場所ってどこだと思います?

 

口やあごなどのフェイスライン周辺によくにきびが出来ませんか?
なぜ口やあごなどのフェイスラインに出来るのかと言うと乾燥しやすい場所だから。

 

 

お肌が乾燥する←角質が厚くなる←古い角質がはがれず顔に留まる←古い角質が毛穴に溜まる

 

そうすると、古い角質が皮脂と混ざり合う事によって角栓になって毛穴を詰まらせ大人にきびになってしまうんです!
お肌が乾燥すると、お肌本来の機能が低下し、それを補う為に過剰な皮脂の分泌が起こり毛穴を詰まらせます。

 

また、誤った洗顔方法が乾燥の原因になってる方も多くいます。
まず、ゴシゴシ洗い過ぎるのもお肌にダメージを与え角質が固くなってしまうのでダメです。
優しく顔を洗うようにしましょう。
洗顔後は速やかに保湿をするようにして乾燥しないように心がければ大人にきびを防げるかもしれませんよ!

 

大人にきびが出来やすいのはお肌が最も乾燥しやすい秋から冬にかけての季節の変わり目。
この時期は特に保湿に力を入れて肌を乾燥させないようにしましょう!